読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここがあのHarvestのブログね・・・

エロゲとかアニメとかギャルゲとか主に感想を書いているところ

メモリーズオフ6 〜T-wave〜 智紗√感想

続いてメモリーズオフ6 Complete内のメモリーズオフ6 〜T-wave〜をプレイしています。4番目はいよいよメインのメインヒロインの半分。箱崎 智紗√です。

そんな叩くほど?と思う√です。 言い分もわかるんだけどね。(これが想君効果か) やっぱちょっと問題ありと言えます。





もくじ

攻略時間

15時間ほど

ストーリー

智紗と志雄の仮お付き合いから事は始まる。 一緒に登校したり、お弁当作ってもらったりして親睦を深めていく。そして、智紗の実行委員入りや後夜祭担当をクロエ先輩指名の智紗と志雄で任されたりして智紗との仮お付き合い生活は幸せ気味で過ぎていく。

そんな中で後夜祭の予算不足が発覚し、志雄はそれを任される。(まあ、代案ですが) それもそこそこに志雄+智紗+亨+りりすで水族館へダブルデートと行くことになる。 智紗が少し遅れてきたものの、中へ入る二人。 しかし、智紗の様子がおかしい。 志雄と智紗・亨とりりすにわかれた後、智紗は倒れてしまう。 「貧血かな?大丈夫だよ」と言われ深くは追求しないで期待する皆。

話は再び後夜祭の予算に戻る。 智紗√ではネットで特設サイトを作り、学校サイトのバナーやらを活用し予算を補おうとする。 

(他√では公開処刑していたものの、教室から智紗を連れ出す形で回避)(クロエ先輩フェードアウト)

智紗√

√に入るとお互いの名前呼びイベントが発生する。 

亨から「カップルで盛り上がる企画を考えてくれ」という要望を受け、智紗と志雄は志雄宅にてアイディアを考える。(なお、りりすのおまけ付き。) しかし、盛り上がる企画のアイディアを出すとは言ってもそもそも予算が不足しているのだ。 そこで、りりすにも相談を持ちかける。(まあ、それほど大した事は出なかったが)

今度は智紗宅にて後夜祭特設サイトの実物を志雄が見に行くことになる。 いい雰囲気となりキスをしかけるが、亨の電話によって阻止される。

クロエ先輩が復帰したため、ネットを使う案を提案・承認。 ネットだけでは足りないと思われたためふみの軒先を使って募金活動をする。 努力が実り、アクセス倍増&募金増となる。

亨の「カップルで盛り上がる企画を考えてくれ」というのには仮装パーティー(カップル限定)ということに決まる。

一方後夜祭までの仮お付き合いをしている志雄は智紗との関係を考える。 YesかNoか。 一緒にいないと寂しいとは感じるものの、それが好きで付き合うのかを考える志雄。

それを確かめるために遊園地デートをして気持ちを確認しようとする志雄。 しかし、「遊園地内の池で子供が溺れかける」というのを見た智紗は半ば確信を持ちつつ志雄に志雄の母のことを尋ねる。 すべてが分かってしまった智紗はそれ以来志雄との接触を避けるようになった。

りりすの耳にも智紗と志雄の関係悪化のニュースが入ったため、りりすも交えて智紗と屋上で話をする。しかし、智紗は何も言えない。 りりすは智紗へと直接問い詰める。 智紗は「一緒にいる資格だって、好きになる資格も、友達でさえいる資格だって、志雄くんを好きになる資格なんてなかった」ということのみを口にした。

こんな感じのイベントを経て、志雄はやっと智紗への想いを好きと自覚する。 志雄は結乃に仕事を丸投げして智紗の家へ行き、後夜祭のダンスへと連れ出す。 

ED後視点反転。智紗Triangle√へ行きもう一度告白のシーンまで智紗視点で物語を進める。 智紗が志雄を好きになったのは何気ないプリントを拾ってくれたという優しさからだった。

Triangle√では最初は気がついていていなかったものの、遊園地で確信を持ったこと・真実を言えば親友も好きだった人も両方失ってしまうと思ってたことが分かる。

元の視点に戻ったあと「私が、志雄君のお母さんが亡くなった・・・原因なんだよ」という智紗の言葉に衝撃を受ける志雄。 翌日介入するりりす。 亨と信もアドバイスを志雄に授ける。

さらに翌日親父に会った志雄は親父に当時のことを聞く。 一時退院していた志雄母は子供のために無理を押して海へ志雄とりりすを連れて行ったこと、溺れた女の子はりりす以外ということが親父から確認できた。

智紗にもりりすにもコンタクトが取れない志雄。 クロエ先輩の采配によって文化祭お疲れ様会として委員全員が集合する。 やっと少し話ができたものの、りりすが毎晩遅くまで出歩いてたのは智紗の家に行って説得してたからとか、志雄を受け入れたらりりすがいなくなっちゃうとか、それほど進展せずに終わる。

写真によって「コスモス」というキーアイテムを認識した志雄はそれが智紗の家にもあったことを思い出す。 再び智紗と話をする志雄。 志雄は8年前智紗とコスモスの花をずっと眺めており、あまりにずっと眺めていたので記念に智紗がそれ押し花にして部屋に飾っていたのだ。 コスモスの花を眺めていた後、智紗は浜辺で遊んでいた時に海へ入り溺れ志雄母に助けられたのだった。

説得の末、智紗の「志雄くんの隣にいてもいいの」ということでやっと志雄は智紗との想いが繋がり、キスをする。 翌日りりすと話をし、りりすも心に決着を付け、吹っ切れた。

智紗から「志雄以外にもなんでも話せる人を作ろう」ということで、亨が選ばれクリスマス+智紗の誕生日に4人でパーティーをする。 りりすから智紗へのプレゼント。それは例の「コスモスを背景にりりすと志雄が写った写真」だった。 智紗から志雄へのプレゼントは手編みのマフラーという豪華なモノ。

智紗BAD回収

黎音がマンションに来るものの、編集者に拉致られ出番終わり。 終わりは後夜祭の際告白の後逃げられて終わり。 

智紗TriangleBAD

コスモスがどこで見たか定かでなく、説得がうまく行かずに・・・



問題点・評価点

問題点

海へ行ったのは志雄(りりすも)なんだから「あの日無理に連れだした俺(達)も・・・悪いんだ」とならないのはなぜか。

というか、あの着地点がよくわからない。「コスモス(の押し花)」をキーアイテムにしているのはいいんだが、8年前に会っていたから何なのだろうか。 「3人が会っていた」というより「過去の事故が原因でちぐはぐになった3人の関係の修復・智紗への赦し」が重要だと思うのだが、もしかして両者はイコールだったのだろうか。 この問題は「智紗への赦し」とか「3人で罪を背負う」とかが妥当な気がするのだ。もちろん両者でもいい。 一応本編では前者で決着が付いていると言えるものの、コスモスを使う意義が薄いのがちょっと・・・かな。(コスモスは秋が時期らしいのでフラグとしては適切ではない可能性があるのも)
 

8年前の責任

無理を押して母は志雄とりりすを海へ連れて行ったのだから、「志雄も責任感じだろう?」ってね。 智紗だけが悪いわけじゃないでしょ。


水族館は嫌ってリリスに言えば変えられたんじゃね?

まあ、あそこが一つのきっかけになるんで「そんなこと言ったら・・・」なんだけど。


後夜祭の資金集めでネットを使うことについて

学校法人関係でバナー張ってるにしろうまく行きすぎじゃね?っていう。 ふみの軒先で募金活動ってのもただの営業妨害だろ!いいかげんにしろ! あと、これはクロエ√と同様なんだけど「具体的資金額」が提示されないため「ふーん・・・」としか思えない。 しかし、智紗のさりげなく「チラシを配って、1軒1軒歩いて回るよりは効率的」というクロエ先輩√ディスりには感心した。ライター間の争いが見えますね!


智紗を好きって気がつくのが遅い

シナリオ展開上の都合なんだろうけど「智紗が一緒にいなくて寂しい」とか思ってるのに、好きって気がつくのが遅い。 とりあえずでも付き合えばいいんじゃないんですか? 黎音√でも「付き合いもしないで断るほうがひどい」という黎音の言葉が出たんですし、黎音に相談させて気持ちの整理をさせても良かったと思います。 まあ、亨に同じことをさせてますが、相手が亨なのでひどいとか冗談とか思われてましたね・・・うん。 しかし、遊園地デートをして気持ちを確かめるってのは悪くなかったですよ。


Triangle√について

智紗の「あのね」で視点反転。視点を智紗に移して最初から後夜祭まで進めます。 これは、シナリオのかさ増しと捉えられても仕方のないと思いますね・・・ 智紗の考えていたことを再確認できたということではよかったですが。 視点の入りと戻り方はよかったです。

好きになるきっかけ

なんてことない「プリントを拾ってもらった」ということくらい視点反転しなくても出来たでしょっていう。


りりすと亨について

「りりすが志雄以外に頼れる人を作ろう。3人じゃなくて4人に。」というのは分かる。 しかし、亨を彼氏に持ってくるのはどうなんだろうか。 なんか違うよね? そもそも、りりすが智紗ともっと親密になればとりあえずはそれでいいんじゃない?


後夜祭の予算不足を志雄宅で会議してた際

智紗・志雄で「志雄の部屋」で会議していた時に同じ部屋にいたりりすに考えを求めるのだが、どう考えても話していることが聞こえる距離にいるのに話の内容知らないっておかしいでしょ。 わざと聞いてないふりをしていたと考えればいいけど、りりすそんなに器用・・・?


OPの演出的に修羅場が来るのかと思ったらそんなことはなかった

修羅場来るかなと思ったけど、OPのCGは遊園地と学校の屋上で智紗を追求するCGでした。 ちょっとがっかり。


信と亨の役不足

信は志雄と距離が遠いため、あまり話に突っ込んで行けません。 亨では突っ込みきれず、信の代わりを担えてるとは正直言い難い・・・


智紗は泳げるくらいまで水が多い所がアウト

案外範囲が広かった。 よくバレなかったな。今まで


"手編みのマフラーってそんな簡単にできるのか・・・?"

クリスマスに最後渡してたけど、そんな作る期間あったかなぁ・・・?


智紗がなぜ志雄をあの助けてくれた人の息子と気が付かなったのはなぜか

智紗の両親が志雄母のお見舞いに行ったという描写があったと思いますが、そのことを智紗は知らなかったのでしょうか? さすがに塚本という名前を聞いて何か思わなかったのだろうか。

智紗には助けてくれた人の事何も言わなかったのかな。箱崎両親は。

評価点

智紗の志雄に対する気持ちの名言

また、お弁当を作ってきてもいい?」 「ありがとう」「塚本くんと一緒にいられるから」「塚本くんのこともっと好きになれたよ」 「ここが志雄くんの部屋なんだなって改めて思っただけ」「私の思った通りの人だったもの」等ものすごいいい智紗の可愛さや純真さがとてもよかったですね・・・


智紗√での名言

あのね」「好きになってから付き合ったほうが、デートとかもきっと楽しいと思うんだ」「一緒にいる。それだけで嬉しいの」「私だけ助かってもあの人は還って来ないのに」「たとえその場限りの出会いでも、覚えていることがあるから

りりす「・・・たまんないなぁ、こういうの

志雄「俺も仮とはいえ彼氏・・・なんだからさ遠慮無く相談してね?」 智紗「・・・うん、うん」 特に一番最後は平野綾の演技力も加わってものすごい良いシーンに思えました。 あとは、OPの志雄の台詞もおおっ!と思いましたね。


各キャラのマネマネ

各キャラ同士のものまねがいくつかありましたが、どれもうまくて笑っちゃいましたw


智紗の行動・考え

基本的な智紗ちゃんの考えはよかったです。「真実を言えば親友も”好きだった”人も両方失ってしまう」と考えるのはさほど不自然ではないでしょう。 ただ、「だった」と書いてるのが気になりますが。「好きな」ではないんですよね。


後夜祭後のりりすの介入

大抵うざったいりりすの志雄と智紗への介入もこの場面においては良かったといえるでしょう。また、智紗と志雄のため智紗宅へ行って説得していたのもりりすの印象が上がったのでいいといえるでしょうね。


副会長とは・・・

本編で1ミリの存在感もない副会長ですが、志雄が実質の右腕のためクロエ先輩から「次期生徒会長」の推薦を受けます。 副会長・・・哀れw まあ、NRでの「志雄生徒会長」は結構な具合で楽しみです。


ロリ智紗・智紗のかわいさ

声優が平野綾ということで平野綾が好きじゃない私は攻略するまで微妙に思ってましたが、攻略するとあら不思議。 とても好きになっていました。 ほんといい女の子やでぇ・・・智紗ちゃんは。あと、ロリ智紗のCGがかわいすぎる。これはほんとヤバイ代物ですヨ! あと、メガネ智紗のほうが人気らしいけど どっちも可愛いから問題なし。


前半のイチャイチャ

NRではもっとすごいのを味あわせてくれると信じてます!


名前呼びイベント

√に入ったら即名前呼びイベントが発生しますが、そこを結乃に見られてものまねまでされるオチは素晴らしいよ。


結乃√を先にやったら分かる小ネタ

後夜祭お疲れ様会の連絡の際参加の片時を聞いた後結乃が急いで電話を切りますが、T-waveを聞くためというのが結乃√をやっていればわかるという細かい小ネタ。

クリア後の演出

智紗ルートをクリアするとタイトル選択画面が智紗へと変化します。 これはゆびきりの記憶でも引き継がれていますね。

まとめ

オチに結構な問題があり。キャラの動き方や言動が悪かったというより、作りこみの甘さが露呈しているといえばいいのだろうか。 要は根幹が悪い。 評価できるのはキャラやイチャイチャ面だが、短いしそもそも後者のそれはNRが担うべき代物なのである。

荒削り」と言われる面の一角でしょうね。キャラはいいのに惜しい・・・

 「智紗の志雄母を殺したのは私だから志雄君とは居られない」ってのはそれほど嫌いじゃないです。

ギャルゲー」としても「メモオフ」として考えても少し微妙って思えるかな。

キャラ S シナリオ B- 総合A とします。

(りりす√クリア後に相対的評価の上方修正)

いよいよ、次は最後のりりす√です。