読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここがあのHarvestのブログね・・・

エロゲとかアニメとかギャルゲとか主に感想を書いているところ

メモリーズオフ6 Next Relation 鈴√ 感想

メモリーズオフ6 Complete メモリーズオフ6 Next Relation Memories Off(メモリーズオフ)シリーズ

さて、続いてメモリーズオフ6 Complete内のメモリーズオフ6 Next Relation をプレイしています。

3番目は鈴さんです。



今回はあんまり長くないけど、目次を使って適当にお読みください。

もくじ

ストーリー

T-waveの最後に再び志雄のマンションへ戻ってきた鈴。

相変わらず進路に悩んでいる志雄。 好きな鈴に近づくために社会人になるか、それとも進学か。 鈴に夕食の用意を申し出つつ、進路の相談をする。 鈴はやはり大学へ行ったほうが良いというアドバイス。

夕食をたかりに来たりりすから、志雄と鈴の関係性について聞かれ「よくわからない」と答える志雄。 そんな志雄はりりすにアドバイスを求める。 りりすは「丁度芦鹿島の花火大会があるから誘ったらどう?」というアドバイスをし、志雄はメールで鈴にお誘いをかける。

当日「待ち合わせしたほうがそれらしい」と思った志雄は水族館前で待ち合わせをする。 そこにたまたま亨・りりす・智紗も来て一緒に鈴を待つ流れに。 やっと鈴が来たと思えばすぐに志雄を連れて、鈴のとっておきの場所へ移動をする。

海から見る花火。 鈴が風により体制を崩すが、志雄が手を出してカバーしそのまま手をつなぐ。 鈴もそっと握り返す。

翌日「ふみ」に行くと稲穂姉弟がバトルしていた。 原因は「志雄と恋人らしい事ができているか」だったが白熱しかけたので、志雄は扉を開けそれを止める。 そして、信はこの機に乗じて逃走。

数日間鈴との連絡が取れない・・・と思えば、朝突然やってきて「よーし。それじゃ、旅に出よう」と拒否権無しで旅に出ることに。(志雄もあんまり拒否る感じじゃないけど)

バイクで移動をしている最中サービスエリアで鈴はナンパされていたが、志雄それからそっと助ける。

旅館についた後、食事処を見つけて昼食を取る。 「あーん」を催促する鈴にそっと口元に持って行ってあげる志雄。 (若干恋人らしい。) 信が温泉街でバイトしているのが見つかってしまう。=彼女がいるという嘘がバレた。

夕食ビールを飲む鈴。 その御蔭か若干素直・エロい感じに浴衣が崩れていく。 志雄がそっと抱き寄せても酒のおかげかそれに乗る鈴。

翌日湖へ遊びに行く二人。 水上スキーに早速乗るが、鈴が調子に乗ってしまい志雄がバイクから投げ出されてしまう。 湖に投げ出された+救命器具をつけていたため大事ではなかったが、やりすぎたと反省をする鈴。 

湖から陸へ上がると熱中症と思われる女性が。 鈴は親身になって世話をする。 それもバイクに乗っているとそういう人に遭遇するから身につけられたテクニックであった。

夜、温泉街の周りにある祭りへ出向く二人。 鈴が浴衣を着ていてそれに見とれる。 最後に花火の時に見せられなかった浴衣を見せて志雄は褒める。

次はバイクでワインディングへ出かける二人。 鈴「ちゃんと地図も持ってるし、ケータイもあるから迷っても平気だって。」

途中休憩をする二人。 しかし、鈴の運転が「危ない運転」に見えた志雄は「もっと安全に運転してほしい。自分だって後ろに乗ってるんだよ?」とつい熱くなりすぎて、鈴を心配していたのに言いすぎてしまう。 鈴からは「バイクに乗ることに文句をつけられた」と捉えられ、志雄を山に置き去りにしたままその場を立ち去ってしまう。

一人とぼとぼ歩いて返ってきた志雄。 そこに丁度掃除していた信と出会って、信に相談を持ちかける。 信は志雄の一人相撲じゃない・鈴は恋愛に奥手で「ふみ」での稲穂姉弟のケンカも「志雄が気になっているものの、関係を進展させるにはどうしたらいいかわからない」ということを相談していたことが信によってバラされる。

いつまでも戻ってこない鈴を心配し、志雄はいてもたってもいられず信の自転車を借りて鈴を探しだす。 薄暗い山道を登っていると鈴に遭遇。 鈴はバイクの調子が悪くて、押しながら山を降りていた。 丁度信に教えてもらっていた露店風呂に入ることに。

なんと、そこは混浴だったがせっかくということで入る際志雄には目をつぶっていてもらい、お互いタオルで隠して入ることに。 温泉に入りつつ真の思いをお互いに話し合いわだかまりを解消する。 

「言葉の正しさは誰がだれに言ったかじゃなくて、その内容で計るべきなんだよ」と反省する鈴。

「十分、す、す・・・」 「す・・・気に入ってるよ!」

と結局奥手な鈴らしさが出た思いの表し方だった。

鈴がバイクに乗り始めた理由それは、例の好きになった先生が原因だった。 先生と話すきっかけが欲しくて覚えて、振られたあともつながりを求めて免許を取ったりした。 今はもちろん楽しくて乗っているようだが。

キスしようとするけど、やっぱ鈴は奥手で直前で日和る。 ここは志雄が押してキス。 もう一度・・・と思ったけど、さすがに恥ずかしいのか「どっきりを仕掛けたことを自ら話してしまった」信を追うことに戻った。

ED 半年後 志雄は地元大学に進学していた。 再び鈴に連れられ、旅に出ることになった志雄。  そして「一緒に走ろう」確かにそう約束した志雄は、こっそりバイクに乗って現れ鈴を驚かせた。 実はこっそりバイクの免許とバイクを買っていたのでった。

√A GoodEND(関係も鈴らしく少しだけ進展する)

√B BADEND(志雄がヘタレた行動をした結果、前と変わらず微妙な関係のまま)

問題点・評価点

問題点

これといってない・・ほんとにない。いい意味で驚くくらいに何も言うことがない。 

評価点


鈴のかわいさとエロ担当

鈴は正直そんなに好きじゃなかったけど、CSの限界のちょいエロ(温泉の髪を上に上げる絵や肌蹴た浴衣やお祭り用の浴衣)・お酒が入って素直にかわいらしくなったりでさすがにドキドキしました。


たくさんのキャラが出てくる

麻尋は出てきませんが、6ヒロイン勢や亨や信がちゃんと出てきます。出番はそこまで多くないですがね。


鈴らしさの感じる志雄への気持ちの表し方

奥手な鈴らしく「好き」と言えずに「十分、す、す・・・」 「す・・・気に入ってるよ!」と言える行為の表し方をするのはやはり鈴らしいですね。


終わりかた

ベタ過ぎるって評価も聞こえてきたけど、志雄が「バイクに乗って現れる」という終わり方はベタだからこそいいんじゃないでしょうか。


クリア後の選択画面

他と同じく「Rainbow Highway」に変わります。


√B名言

「頼りがいは少しはあったほうが良いけど、それに慣れちゃうと相手が依存しちゃうぞ」 適度に頼り合える。それが一番ですね。

まとめ

T-waveの時から思ってたけど、シナリオの安定感があるのは鈴が一番かもしれない。 しかし、安定感はあるけどそれほど好きなヒロインじゃないから手放しで良かったといえるかどうかは・・・うん。

まあ、鈴を気に入っていれば間違いなく気にいるでしょうし、気に入ってなくてもくらっと来るくらいにはいい√だったと思われます。

キャラ:B シナリオ:A 総合:B+

次は智紗√を予定しています。