読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここがあのHarvestのブログね・・・

エロゲとかアニメとかギャルゲとか主に感想を書いているところ

WILD ARMS1(ワイルドアームズ1・WA1)感想

WILD ARMS(ワイルドアームズ)シリーズ

前置き


さて、WILD ARMS1(PS版)をクリアしたので感想を書いていこうかと思います。 この記事を書くに当たり他のWA感想ブログも覗いてみたんですが、あんまりいませんね。 まあ、約20年経過したゲームですからあんまりないですよね。




もくじだよ

プレイ時間

約46時間(隠しボスなし) 隠しボス含めたら約54時間でした。

システム関連

グラフィック

20年前のゲームですが、PSとしては普通なんじゃないでしょうか。 今と比べたら粗いとしかいえないですが、今みたいに無駄に画質が良くてリアル志向のRPGよりはいいです。

BGM・ED・OP

荒野・口笛 この2つのキーワードにマッチした・・・というか口笛のBGMが印象的です。 ワールドマップを歩くときに流れるBGM・戦闘のBGMは耳によく馴染んでます。口笛吹けるくらいです。

OPは口笛のいいOPです

EDは歌がついています。 まあ、良曲かな・・・? 映像制作がマッドハウスというのが非常に驚きましたw

戦闘

時々レベル上げに走りましたが、ほぼレベル上げはしませんでしたね。 ラスボスもレベル40後半あれば「ハイシールド・状態異常対策・ザックの早打ち(ひでんのしょでMP消費軽減したのとか)・ロディのアーム」を繰り返しで勝てましたし。

問題は隠しボスたちですね・・・ リヴァイアサンは出会うのにちょっとイラッっとしたけど、強さは並。 セト・ルシファアが少し厄介だったか。 ルシファーは「隠しボスNo.2の座がある」と言われるだけあって厄介です。 後の隠しボスはゴーレム倒して得た防具で難易度が下がります。

ここらへんから「やぎのぬいぐるみ」という公式チートアイテムを99個買い、ゴリ押ししました。 なので、簡単でした。 楽しくためにはレベル上げが本来いるのだろうけど「ラギュ・オ・ラギュラは開発者自身がレベル99で適正になるように作ったとコメントしているほどです。」と聞いてはさすがに匙を投げる。(一応炎ダメージ軽減アイテムを使えばレベル55付近で倒せるようだ)

戦闘システムに触れると3人でいい感じに役割が分かれていて面白いなと思った。 ザックが戦闘時であれば(ちょっとした)回復役に回れるので、セシリアが状態異常対策や防御などに手が回る。 ま、大抵はザックとロディの前衛でガンガン殴る感じだと思いますが。

戦闘時に防具の付け替えができるのも面白いね。コレのおかげで隠しラスボスを倒せたわけだし感謝感謝。

マテリアル・フォースアビリティ・ARM・早打ち・魔法

マテリアルシステムはとても面白いアイディアだと思えた。 ただ、コレをつけたら何の効果があるのか。何属性なのかが名前で判断するしかなく(WIKI見れば分かるかもしれないが)その面では使いづらく感じた。

フォースアビリティシステムはキャラごとに差異があり前半ではロックオン・マテリアル、後半ではロディのブーストアタック(アーム攻撃3倍)・ダブルコマンド・デュアルキャスト(両者2回行動のスキル)にはお世話になったんじゃなかろうか。 非常に面白いシステムだった。中間のレベル2が使えなかった気もするが。

ARM・魔法・早打ちについてだとARMは物理攻撃なのでどのボスにも安定的にダメージを見込める。

セシリアの魔法にはほぼ不満はない。 ただ、全体回復+状態異常回復が終盤の隠しボスでは欲しかった。 それに、防御効果や状態異常対策の効果が目に見えると嬉しい所。(残りXターン持続するとか) 1回かけたらその戦闘では十分かと思っていたが、状態異常になったので驚いた。 「もうそろそろ切れたかな・・・?」と勘で対策をするのは面倒だった。

早打ちは特定の以外ほぼ使わなかったのでなんとも言えない。 MP消費を軽減する「ひでんのしょ」は数が限られているのでよく使うのに使えば良い。 ま、ひでんのしょを使えるのに使ってそれを集中的に使えってことですわな。

まあ、マイナス点もあるけど「20年前のゲーム」で「PSの初期3大RPG」ということを考えれば「まあ、仕方ないよねー」という感じです。 多分続編の2とかには進化しているはずと思ってプレイしていました。

マップ・ダンジョン

全体にわたって「次にどこの町に行く必要がある」ということは分かっても具体的な場所が示されず、非常に道に迷った。ワールドマップも非常に見づらく、使いものにはならなかった。 つまり「攻略サイトや攻略本のどのあたりにある」頼りである。正直に言うと

20年前のゲームだからってすげえイライラするぞ!

※ちなみに序盤のあるアイテムを取らなければワールドマップも見れないはず。

ダンジョンは後半になるほど厄介で難解になっていく。「攻略見ないとわからねぇよw」と後半よく思った。 ただ、ワイヤーフックは仕掛けがわかっていても非常に難しかった。(隠しダンジョンアビスでの斜め打ちとか、斜め打ちな!)

フリーズ

最初からよくフリーズをしたりして横に倒したりして対策しようとしたが解決できず・・・ 調べた結果、どうやらPS2初期型に起きる症状のようだ。 薄型やPS1だと起きないらしい。(もしくはPSストアでDLしてVitaPS3で遊ぶとかか) 互換性が完全ではないということですね。

対策としては戦闘時読み込まなくなった際は、一旦ディスクを開けて戻すといいらしい(Amazonレビュー談) 知った時にはラスボス倒して隠しボス挑戦中でしたので試してません。横置きして以降は起きる数もヘリましたし、隠しボス挑戦中は0でした。 誰か試して教えてくれ。

ゲームカタログ@Wiki ~クソゲーから名作まで~ - ワイルドアームズ
<<本作をPS2でプレイすると通常の場面でも稀にフリーズすることがあるため、こまめなセーブが必要。>> とあるので注意しましょう。


シナリオ面

キャラクター

主人公パーティのみ

・ロディ・ラグナイト

主人公の過去が一番驚いた。 MP0で驚きはしたけど「ARM使いだから?」と思っていたが、そうではなかった。 「人造人間」だったからということか。 彼はおじいさんに出会ったことで人の痛みがわかる優しい少年になる。 結構迫害とか怖がれられただろうに闇には落ちなかった。 

しゃべらない主人公というのは初めてだったが、このようなエピソードでは感動した。

ひとりぼっちでしたが、大切な仲間を得ましたね。 「自分の正体を明かしても変わらず接してくれる。」とてもありがたいことです。

・ザック・ヴァン・ブレイス
レディ・ハーケンとの過去が鍵のキャラクター。彼女によって、彼は憎しみで剣を振ることから守るために剣を振るえるようになった。 隠しイベントで彼女の復活が可能なのですが、ザックは「魔族に落ちた後の記憶を消してくれ」とお願いし彼女は復活する。そして、とある町の酒場で復活する。 そこでの台詞が「また悲しいなぁ・・・」という具合で泣けますねぇ。

・セシリア・レイン・アーデルハイド
始まりは「なみだのかけら」を取り戻すこと。しかし、彼女は旅によって「公女とだけしか見られてない」→「自分の気持に素直に」「公女だけではない自分」「公女としてではなく、セシリアとして仲間」というようなことを得る。

後述のEDの行動も驚いた。 アーデルハイドはあれでいいのか・・・w



ストーリー&感想

 クリアしての感想は「途中まで王道だがマザーを倒して以降の展開に驚き。そして、隠しボスが隠れてないくらい多い。」ですね。 途中まではなんてことない王道RPGだと思います。

でも「マザーを倒すぞ~!」って当たりで疑問が出てくるんです。「あれ?あれだけいた部下が出てこない。ゴーレムだけだな。なぜだろう?」と。 普通のRPGならラスボスにたどり着くまでになぎ倒すはず。 ここがWAのすごい所。事前にマザーは「ここを新天地として選んだのではなく、破壊したいし人滅ぼしたい」というようなことを言い出す。普通だったら部下(ナイトクォーターズ)も「ヒャッハー!マザー様の指示でとりあえず地球と人滅ぼしてやるぜぇ!」という感じになると思うが、そうはならない。(結果的に?わざと?)マザーを主人公に殺させ、独自に行動を始める。ナイトクォーターズは「人殺して星だけもらっちゃうぜ~」という野望を叶えるために主人公に挑む。

↑のストーリー組み立ては斬新に感じた。 トータルゲームデザイン&シナリオの金子彰史の特撮好きが影響しているらしい。 道中「熱いッ!熱いぞッ!」と結構思いました。

最後も驚きましたねぇ・・・ まさかロディが親指を立てて溶鉱炉に沈むとは・・・・

まさかセシリアが公女の立場放棄で再び3人で旅とはw まあ「自分の気持に素直になった結果」ということですかねw

キャラクターでわざわざ触れるのはやめておいたんですが、敵キャラも一概に「悪!悪いやつ!滅ぼさなきゃ!」と思わせないところがすごい。 特にゼットは隠しイベントで盲目の少女を世話している姿が描かれるなど一際そう思わせる模写が描かれています。

まとめ

いろいろな荒い点があるものの、シナリオに関しては満足です。 

評価:Sです。

これが今は100円(ブックオフなど)から300円ちょっと。 DL版は617円(消費税8%当時)で買えるんですよ。お特ですね。 


お得ですね!


PS版(通常)
www.amazon.co.jp
PS版(ベスト版)
www.amazon.co.jp
PSストアのDL版(PS3PSPVitaでプレイ可能)
WILD ARMS | ソフトウェアカタログ | プレイステーション® オフィシャルサイト

はい。 アニメシンフォギアで良いアニメと思っている方はぜひこのシリーズをプレイした方がいいですね。

追記 

お世話になった攻略サイトをここで上げておきます。
ファルガイア冒険記さん
ワイルドアームズ・本編攻略

②渡り鳥の渡り鳥による渡り鳥のための荒野記 -完全版-さん
渡り鳥の渡り鳥による渡り鳥のための荒野記 -完全版-

ワイルドアームズ Web本舗さん
park6.wakwak.com

を同時併用して進めました。 基本は2を見つつ、ダンジョンに関しては詳しい1を。 たまに3を見ておりました。

また、隠しボスについてはこちらを参照しました。
①cradle2grave ページ:隠し要素
隠し要素

②WILD ARMSを14年ぶりにプレイ日記
ワイルドアームズを14年振りにプレイ日記

③本編攻略に使用した①のページ:隠しボス
ワイルドアームズ・隠し要素

④WA攻略Web本舗闘技場
闘技場 - ワイルドアームズ攻略


以上のサイトにはお世話になりました。 更新停止しているサイトも多いためここでお礼申し上げます。