ここがあのHarvestのブログね・・・

エロゲとかアニメとかギャルゲとか主に感想を書いているところ

ロードバイクを買う費用・買ってからの必要な費用

今月頭にロードバイクを買ったんですが、必要なものをここに書いて、ついでに費用も参考に載せておくことにします。 これは一般的に必要な値段というよりは、Amazonとか使って出来る限り安く揃えようとしている記事です。 その為本格派には「何言ってんだ?それじゃだめだろ」って思うものもあるかもしれません。 まあ、フォロワー向けということで。 色とかの編集は後でかけます。とりあえず、公開

出来る限りAmazonや公式のリンクを貼りますので参考にどうぞ。

・本当に最低限必要なモノ

まず、ロードバイク本体。 これは絶対に外せない。 最低限のラインが10万とされてます。 ただ、絶対というわけじゃなくて、型落ちや試乗用とかだったりすると下回ります。 型落ちと言ってもメインコンポがモデルチェンジするのは上から順に6巡していくみたいだから去年とあんまり変わらないというモノもそれなりに。 また、変わってたとしても型落ちにだから性能が劣るかというと「差額考えればいいんじゃ?」ってのもあると思うので、そこはショップと要相談だと思います。 ClariSから105辺りが選ばれやすいみたいです。 後にアップグレードする際の手間やら費用やらが違うので最初からいいものを買うって選択肢もありますし、程々というのもありますし、最低限にして他の必要なウェアとかを揃えるという手もあると思います。 (10万以上)

www.cannondale.com
(割り引かれて9.8万で購入)


特にロードバイクショップは大体現金のみorクレカ(現金価格より5%割増)orローンという感じなので、余計な金払いたくないなら現金しかないです。 「一気にそんな出せねぇよ!」って思うかもしれませんが、1万先に入金すれば取り置いてくれるお店も多いのでそこらへんは要相談だと思います。

また、多くのロードはペダルがついてません。 通常のフラットペダルだと5000円、SPD(靴とペダルを金具で固定)だとさらに5000円+シューズと言う感じみたいです。 初心者のうちは平坦な道のほうが多いでしょうし、フラットで十分でしょう。

とりあえず、乗るだけならこれだけでも十分だと思います。(安全ではないが)

・購入時に一緒に買うべき必要なモノ

まず、ヘルメット。 場所によってはスピードが出るので、確実にあったほうがいいです。 ただ、原付きと違って法律違反にはならないので・・・という感じ。 Amazonだとすごい安いけど(2000円程度から)頭のサイズ等もあるのでできればリアル店舗で買ってしまったほうがいいと感じる。 
(ロードを買ったお店でCannondaleのヘルメットを4000円強で購入・一般的には約5000円程度から1万や2万程度など。)

次に、空気入れ。 これは、Amazonでも好きなとこで買えばいいと思います。 ロードバイクは多くが仏式の空気入れなので、おそらく新しく買い足すことになると思います。 タイヤの空気圧は乗る前にやらなければいけないメンテと言われてて、入れすぎる✗入れなすぎだと✗ですからタイヤに記されている推奨空気圧に入れないといけません。 これはAmazonで購入しました。クレバーバルブなので米式と切り替えがありません。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01MQM1CNM/ref=oh_aui_detailpage_o06_s00?ie=UTF8&psc=1
(2,380円・一般的には3000円程)

次に、ベルです。 多くのロードはベルやライトはついてません。 それに、ほとんど使いません。 歩行者をどかすのに使うのはダメなんですよね。 でも、法律で付ける必要があるので安いのを付けます。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B009OXSH0Y/ref=oh_aui_detailpage_o08_s01?ie=UTF8&psc=1
(577円・これはアマゾンがいいでしょう)

次に、鍵です。 ロードは大体が高価です。 それ専門に狙う窃盗団もいるとか。 ですので、鍵が必要です。 安いのはすぐ切られやすいですがコンビニで補給食を買う程度とかなら十分と言われましたし、高いのは切られにくいが重いので置く場所に困ると思います。 あまり良くないですが、室外保管する場合はカバー+高めの鍵複数くらいはするべきなのかも。 ないとトイレにすらいけなくなるので一つくらい貼ったほうがいいでしょう。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01HDA9I16/ref=oh_aui_detailpage_o08_s01?ie=UTF8&psc=1
(899円・1000円から8000円くらい)


・買って数日以内に用意したほうがいいモノ

まず、レーパン(インナーでも)です。 コレがあると無いのではケツの痛みがありすぎます。 慣れると尻に体重が行かない=痛くならないみたいなんですが・・・

「初心者なら洋服の方がいい。 周りが助けてくれやすいから」ということで、今はインナータイプを履いてますが、汗が乾きにくくて風邪を引きそうだと思ったので上の方も・・・というか、夜走るときくらいきっちりとしたの着たいと思って探してる途中です。ただ、きっちりしたの揃えるとなるとAmazonでも6000円程度は掛かりそうなので様子見です。 本当のキッチリしたのだと諭吉二人分くらいは必要です・・・ カジュアル型等もあるのでそこらへんはお好みで。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00JKCIGHS/ref=oh_aui_detailpage_o08_s00?ie=UTF8&psc=1
( 1,198・アマで最安値がこのラインなのでインナーなら1500円から。ジャージとなると半袖なら2500円から、長袖なら4000円くらいから。店舗で買えば諭吉は用意していきましょう)


次に、手袋です。 ロードは前傾姿勢で乗るので手に体重が載ります。 そこで、負荷を軽減させる手袋が必要です。クション材が入っているので長く乗っても握力が消え去るということが減ります。 ただ、選んだのが微妙だったので価格は参考程度に見てください。 
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07412XSJ1/ref=oh_aui_detailpage_o07_s00?ie=UTF8&psc=1
(1,000円・ブランド品でも3000円くらい出せば買えます。)

冬だとフルフィンガータイプが必要です。

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01H8GMHPY/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1
(セールで998円・本来は3000~6000円くらいは必要)

次に、パンク修理キットです。 ただ、これはこういうモノ(https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01H8GMHPY/ref=oh_aui_detailpage_o01_s00?ie=UTF8&psc=1)もありますし、近ければこれでしのいで買ったお店で修理するのもしばらくはありだと思います。 しかし、道中でのパンクは避けられないと思うので(https://www.amazon.co.jp/gp/product/B071CLC2Q2/ref=oh_aui_detailpage_o03_s00?ie=UTF8&psc=1)こういう修理キットを用意して、修理の方法を覚えておくべきなんだと思います。 これなら携帯工具やら一応空気入れやら揃ってるのでお安いです。きちんとやるのなら通常の工具も必要ですけどね。( 1,399円)


次に、スタンドとメンテキットです。ロードは基本的にスタンドがついてないので壁に立てかけない限り倒れます。 室内保管やメンテする際にはスタンドが必要です。 また、ロードのメンテも必要なのでメンテキットが必要です。最低限レベルのモノなので、必要に応じて買い足すかもしれません。

スタンド https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00SXKKZO0/ref=oh_aui_detailpage_o04_s00?ie=UTF8&th=1(756円)

メンテキットhttps://www.amazon.co.jp/gp/product/B00FGGKG2U/ref=oh_aui_detailpage_o04_s00?ie=UTF8&psc=1(1,900円)



・すぐに必要ではないが、ほしいと思うようになるモノ

まず、ボトルケージ(ホルダー)です。飲み物をいちいちバッグから取る出すのは意外と面倒です。別に走行中に飲む必要はないのでボトルは必要ではないですが、買ったペットボトル飲料を置けるホルダーは欲しくなってくると思います。 安いからって適当なの買うと統一感のなさが出るので注意しましょう。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00108XJYU/ref=oh_aui_detailpage_o08_s01?ie=UTF8&psc=1(黒702円)


次に、サドルバッグです。 バッグ背負うならいいですが、距離が長くなるほどきつなるみたいです。 なので、あったほうがいいですね。 大きすぎるとタイヤに接触しちゃう場合もあるでしょうし、小さすぎると入らないだろうし、自分のロードのサイズと要相談です。 場合によって、フレームバッグ・フロントバッグを付ける選択肢もあるので、そこら辺は考えておきましょう。 (私は付けられないやつ1200円の買ってしまったのでその分ロス)
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00A3W8EG2/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&th=1&psc=1(購入時Mサイズ999円)

後は夕暮れや夜用にライトでしょうか。 USB充電式と電池式に大きく分かれていますが、USBは光は弱くなるがモバイルバッテリー繋げばなんとかなる・手軽というメリットがあります。反対に電池式は光は強い代わりに交換の手間があるが、コンビニやスーパーが”あれば”手軽に調達可能。(田舎だと調達が難しいということ) それぞれメリットデメリットがあるのでお好みで。USB充電式が最近は増えているようです。私が選択肢したのもUSB式です。 メインで使える光量ならメインへ。だめならサブ用の点滅君として生きてもらいます。 結構装着が難しいのでこれそのままをおすすめすることは出来ませんが、2000円もあればそれなりにいいのが買えるでしょう。 

「夜走るなら絶対につけましょう。」

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00FZ04C86/ref=oh_aui_detailpage_o00_s00?ie=UTF8&psc=1
(セールで849円)

また、リアライト(後ろ側の赤いランプ)も必要かもしれません。 反射材が付いてるなら今すぐに買わなければいけないというわけではないのですが、反射材とリアライトの点滅では視認のしやすさが違います。 余裕があれば800円強で定番のキャッツアイが買えるので買うといいですね。

次に、サイコンですね。 サイクルコンピューター・・・要は車のメーターと近いものを付けたくなるということです。 今現在はiPhoneのアプリで移動距離などのデータを見てますが、やはりリアルタイムで何キロ出てるかということなどは気になりがちです。ケイデンスも知りたくなって高価なサイコン(1万以上)やGPSマップのガーミン(5万以上)を買う人もいるとか・・・ まあ、そこまでするよりスマホホルダー買って前とかフレームにつけるのが一番いいと思います。
定番のキャッツアイでこのくらいです

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%A2%E3%82%A4-CAT-EYE-CC-VL820-VELO9/dp/B007NE348Q/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1509392771&sr=8-1&keywords=%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%B3
(1,383円)

次に、アイウェア・アイガードですかね。 これは私が今現在悩んでいる事の一つです。 眼鏡使用者なので、その上からつけられるのを買うか・度入りのアイウェア買うか・アイウェアの中に眼鏡レンズを入れるか・乗る時だけコンタクトにしてアイウェア付けるか。 それぞれ価格や見やすさや重さが違うのでどうするべきかなと考えてます。 安いのは2000円もあれば買えますので健康的な目ならそれでいいでしょう。多分。


以上こんな感じです。 参考に私が実際に払った金額だけをまとめます。(失敗分抜きます)

最低限
本体:9万8000円

ヘルメット:4300円

空気入れ:2380円

ベル:577円

鍵:899円

小計=10万6万76円

~~~~~

数日以内に用意

レーパン(インナー): 1198円

手袋(指ぬき):1000円

フルフィンガー型:998円

パンク修理キット(携帯工具セット込み):1399円

スタンド:756円

メンテキット:1900円

小計7251円

合計11万3327円

~~~~~

欲しくなるもの

ボトルケージ:702円

サドルバッグ:999円

ライト:849円

小計2550円

合計11万5877円