読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここがあのHarvestのブログね・・・

エロゲとかアニメとかギャルゲとか主に感想を書いているところ

円交少女~陸上部ゆっきーの場合~ 感想

ということでFrill(ビジュアルアーツ系)から発売された「円交少女~陸上部ゆっきーの場合~」をクリアしたので感想を。

ネタバレありです。気になったら買うことをおすすめします。




もくじ

プレイ時間

一気にやれば3時間程度で終わるらしいけど、私は5時間以上はかかったと思います。

なお、一本道で選択肢等はありません。

BGM&曲

主題歌インストと1曲合計2曲のBGMは結構少ないですね。低価格だからこんなものでしょう。

主題歌について

www.youtube.com

You Tube 「VisualArts Japan チャンネル」より)

しかし、この主題歌のメッセージ性がすごいです。

クリアして分かるこの歌詞の意味・指している人物。

まず1番の

ママは死んで灰になって パパはお酒でハイになって」ということから主人公ゆっきーでないことはあきらかですね。


続いて

やなことからは逃げ出そうか ガッコ バイト サークル 部活 耳を閉じても聞こえてくるよ お返事は元気に はい、喜んで」はいじめられているという噂があった真子の状況と前半が一致、後半は推測ですがおそらくそうでしょう。


そして「つけまにカラコン制服着てなんちゃって ツイ消し垢消し」ですが、中学とすっかり変わった真子そのものです。  制服も「なんちゃって制服」と言っていましたしね。


次は「安らかにお眠り それだけがお祈り 胸に歯の痕 うっすらにじむ鬱血髪なでられ慰め にっこり笑う現金 それでこぼす涙目救いようがないよね」ですが、本編では明示されてませんけれど「ママは死んで~」から考えるに多分お金を稼ぐために中学から本編開始までの間での状況だと考えられます。


そして「君と出会ってへらへら 期待はずれ仲間はずれ だから一緒になりたいのかな」 ここはわからないところもありますが、ゆっきーから連絡を受けて喜んだ真子は「一緒の状態」になりたかったのかなと思います。 


最後「飲めないお酒むかむか 時計の針ぐるぐる 一人じゃ生きられないや いまになってやっとそう気づいたんだ」 真子はお酒が苦手だと本編で自ら発言しています。 ゆっきーと高校が別になって、両親はいなくなったも同然。 とても一人じゃ生きられない。 その果てにレイド君に出会ったのでしょう。


以上のことから「円交少女~陸上部ゆっきーの場合~」の主題歌ですが、実は「ゆっきーのことではなく真子のことを歌っていた歌」というのがゲームをクリアして初めて分かります。

演出&システム

バルーンシステムはとても良いシステムですね。 ただ、男性側は声無しが大半なのに同じ色のウィンドウでは誰が話しているかよくわからないシーンもあったり・・・

低価格とはいえ、入れられている状態でフ○ラ音がするならしっかり咥えてほしいと思いましたね。

フルスクリーンでやると画質が低く感じられたのでウィンドウモードにてプレイしました。

キャラクター感想

・ゆっきー(CVくすはらゆい)

主人公であり彼女の視点で物語を見ることになります。 最初は「援交なんて・・・」と思うものの、友人の為を思って飛び込み、段々とその行為に蝕まれていく。 

その裏には快楽もあるとは思うのですが「父親にこんなことされたことなかったな」と思って泣き出したり、陸上が無くなったことに対する穴埋めの麺があったりして堕ちていくのに説得力があります。

最後はすっぱりやめて陸上の世界に戻るのはやはり驚きですね。

・真子(CV鶴見春人)

今回の仕掛け人・・・とでも言えばいいのだろうか。 十中八九売掛けがあるというのは嘘でしょう。彼女がいたからこそゆっきーは援交というものにのめり込んでいきます。 しかし、彼女がいたからこそゆっきーは陸上を(一時的に)失った穴を埋めることができ、再度陸上の世界へと戻ることができたと考えると・・・

彼女がやっていた(あのホスト含めたくさんの演技)ことはとても「親友というものが信じられなくなりそうな話」ではありますが、彼女がやったことは結果的にはよかった・・・と思います。納得はできませんが。

シナリオ感想

もうほとんどキャラ感想で語り尽くしたことですがゆっきーの援交にのめりこむ理由や描写がとても良く、またその背景に真子がいることが最後に分かるのが面白い点ですね。 ゆっきーに真子がこれらを仕掛けていたとバラすのかな?と思ったけど、それはなくて安心して残念だと思いましたね。


終盤エッチシーンがバンバン流されますが、特に問題視はしてません。

まとめ

ロープライスながらいいシナリオに出会えたと思いました。 マイナスポイントがないわけでもないですが、そこはロープライスということで目が潰れる範囲でしたし。

評価:A+