読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここがあのHarvestのブログね・・・

エロゲとかアニメとかギャルゲとか主に感想を書いているところ

Memories Off(メモリーズオフ)に出てくる飛田扉(トビー)はただの悪者なのか

メモリーズオフ メニューの飛田扉(トビー)に関する記述を見ていた所、このキャラに対する見方が少し変わったので記事を作成。

思い出にかわる君〜メモリーズオフ〜飛田扉考察(引用元)
メモリーズオフ〜それから〜飛田扉考察(引用元)

トビーは想君とそれからにわたって出演しているキャラクターなので両作品をプレイ済みのほうがいいことをまず念押ししておきたいと思います。



さて、ぱっと「トビーは善か悪か」と考えたら一見悪に見えます。 

しかし、上記のWikiにより少しはその見方が変わったのでせっかくですからブログでまとめてみます。 もちろん最終的に単純に「いい人だな」と思ったわけではないを申し上げておきます。






もくじ

本論

思い出にかわる君〜メモリーズオフ〜飛田扉考察こちらから引用

共通ルート

「トビーは、怪しい露店をやってる。が、それとは別にもっとヤバそうな物を扱う大魔堂という店と何やら取引をしてるという噂。実体はわからない。」

ここで言う「ヤバそう」とは、他の描写を踏まえて判断すると、法に触れるという意味である。 とはいえ、法に触れることをしているから、極悪人と考えるのは気が早い。 後で分かることだが、飛田扉は孤児である。 そして、引き取り手がいるようには見えない。 育ててくれる親が居ないのでは義務教育止まりかも知れない。 「孤独」を「気取った言い方」と捉えるあたり、あまり教育レベルは高そうにない。 手に職を身につける機会にも恵まれなかったのだとすると、まともな商売につくのは難しい。 飛田扉が、生きて行くために仕方なく「ヤバそう」なことに手を染めたのだとすると、誰もそれを責めることはできまい。 もちろん、その「ヤバそう」なことが法に触れるならば、その行動は悪である。 しかし、だからと言って、飛田扉という人間が悪だとまでは言えない。

上記の「彼は引き取り手の親もいなく、義務教育で終わっている可能性が高い。」ことを前提に考える。 彼はどうやって生きていくのか。彼はその「やばいこと」を選んで生きていくことになります。 育ててくれる親がいて(バイク事故で)足が不自由になっていなければそうなることもなかった・・・かもしれません。(そうするかどうかはまた別問題ですが) 

まとめると彼は育ててくれる親がいなく・足が不自由・教育水準も高くない。 これを考えると「やばいこと」に手を染めること自体を責められるかといえば難しいかもしれません。 もちろんその「やばいこと」に手を染めている時に、事故で命を奪ったとなればそれ自体は文句なく責められても仕方ないでしょうが。

この話を聞く限り、百瀬環は、自分の意思で家出したのである。 飛田扉は、虐められて悩んでいる百瀬環に対して、「じゃ、戻らなきゃいいじゃんか」とアドバイスをしただけで、家出をしろと強要したわけではない。

どう見ても、百瀬環は、露店営業の役に立っていない。

飛田扉は、百瀬環にご飯を食べさせている。 常識で考えて、「飯、食わせとけ」と言っておいて自分で金を払わないことはあるまい。

飛田扉が「真面目にやってる訳じゃない」露店では、もともと大した稼ぎはないのだろう。 露店の開業場所は、人通りのそれほど多くない郊外の住宅街の路地である。 飛田扉の露店で扱っている商品は、怪しげな物ばかりであるので、優秀なセールストークが欠かせない。 百瀬環の会話速度では、怪しげな商品を売るためのセールストークは不可能である。 飛田扉のやる気、露店周囲の賑わい、百瀬環の営業能力、いずれをとっても、露店の売上は芳しいようには見えない。 百瀬環の食費を考えれば、赤字の疑いが強い。 これでは「やっかい払い」どころか、飛田扉は無理をして百瀬環を養っていることになる。

百瀬環の食費を稼ぐためと考えても、警察に目を付けられてまで、百瀬環を露店で働かせる必要性は乏しい。 家出娘と承知で働かせていたことがバレてしまうと、雇用者である飛田扉の責任が問われることになってしまう。 それでも、百瀬環を働かせたのは、百瀬環の自立を促すためだろう。 飛田扉のやっていることは「人に授けるに魚を以ってするは、人に授けるに漁を以ってするに如かず」である。 百瀬環に直接食料を与えるのではなく、食費を稼ぐ方法を教えているのである。 といっても、百瀬環が露店営業の役に立っていないのだから、実際には形だけに過ぎない。 しかし、形だけであっても、百瀬環を働かせることには意味がある。 働かなくても誰かが面倒を見てくれる状況に慣れさせては、自立から遠ざかってしまう。 百瀬環の自立を促すならば、形だけでも働かせることが必要なのだ。

赤字覚悟で食事等の世話をしているのに、これ以上、何の面倒を見ろと言うのだろうか。 そもそも、家出は百瀬環の自由意志であり、飛田扉には何の責任もない。 加賀正午は、身銭を削って親切を行なう人に「親切が足りない」と文句を言っているのである。 そこまで文句を言いながら、加賀正午は百瀬環に対して何を提供したのか。 何もしていない者が、した者に対して「親切が足りない」と文句を言うのは筋違いである。


ただの悪者だとすれば環に赤字状態の露店をさせる理由がわかりません。 経営するだけで赤字になるお店なんて普通はやる必要がないと思われるからです。 (ある理由からわざと赤字にする場合もありますが)

環が「形だけでも働く」ということがトビーにはやはり大切だったんでしょう。

追記

「じゃ、戻らなきゃいいじゃんか」というアドバイスは「家出示唆」と捉えられてしまえば犯罪になってしまいます。(相手は未成年ですので)しかし、それを強要したわけではありません。 「違法な露店を手伝わせている」これは共犯にあたるので何らかの処罰が課されると思われます。(法律に明るくないのでどの犯罪に当たるか断定は出来ないのが残念ですが)




ショーゴはなにもただのクズですね。ええ。

常識と独創編

??「道ぐらい覚えろよ?」
??「……んっんんっ」
??「次からは、一人で勝手にここまで来いよ?」
??「……んっんんっ」
テンチョー「おー、トビーいらっしゃい。たまちゃんもよく来たね」

ここから見て取れるのは「何度かトビーが環を連れて来た」ということ。 もちろんご飯を食べさせるためでしょう。 どちらともトビーからすれば利益とは呼びにくい行為でしょう。(裏で何を思ってるかは置いておいてですが)

環「天国の電話番号だよ……えへ……ひださんがお金くれた、バイト代だって」
ショーゴ「ケータイ、買ったんだ?」
環「んん」

どう見ても赤字のはずなのに携帯電話が買えるバイト代をくれてやるなんて人が良過ぎ。 きちんとした労働ではないでしょうから、別に報酬を与える必要はないでしょうし(食事もさせてるし)

今はほぼ使われてない気がするが、プリペイドケータイだとしてもそれなりにするはず。 

まともな労働ではないので、トビーからすれば賃金をまともに払う必要もあるのかと言えば…まあ、Noでしょう。 (ある程度の衣食住がそれに当たると言えるだろうが) なのに、ケータイを買いそれを環に与えるドビー。 元の生活に戻る環に、トビーは連絡を取る必要はないでしょうから環に与える必要はないでしょう。

給料代わりにしても「ただの悪者」がやることとは言い難いでしょう。

また
メモリーズオフ〜それから〜飛田扉考察の方でも触れられている通り、~それから~でも「ただの悪人」と言うには少々難しいと考えさせられる考察が書かれています。今回は~それから~プレイ時から時間が経っているため、詳細に取り上げることはいたしません。

終わりに

どうでしょうか。正直「あちらのWIKIページを見て」というだけでは味気ないし、すぐTwitterだと流れてしまうので少し私の言葉を継ぎ足して書いてみましたが、少しは印象が変わったでしょうか。

お断りしておきますが、トビーのやっている行為や行動を全肯定するものではありませんし、トビーの「やばいこと」自体を肯定するものではないということをお断りしておきます。

また、トビーに対する印象が少し変わっただけで「嫌なやつ」という印象が消えたわけではありません。 

追記

どうやら書き方が悪かったようで、「善」か「悪」かの2極化に立って書いていると思われたようです。 申し訳なく思います。

この記事は記事タイトルの通り「トビーはただの悪者なのか」ということを考えたものです。

決して「トビーは善人である説」を唱えているものではありません。 逆にもちろん「トビーはただの悪者」と言いたいわけでもありません。

私と同じように「トビーって嫌なやつだな」と思ってた人が「こいつって…いったい…」と考えてくだされば幸いです。